2010年05月28日

オシム×関塚 対談 : 再放送ありますよ

以前ブログに書いた オシム×関塚 対談 : もっと告知宣伝してくれよ〜見逃すところだったじゃんか!
非常に興味深い見逃せない対談番組、W杯が近づいてきて再放送がたてつづけにあるようです。
見ていない方、ぜひ。

-----2010WCマンスリー#02
[出演者情報] 関塚隆 

ch等ご契約者は無料でご覧頂けます。
「2010 FIFAワールドカップ マンスリー番組#02」
〜オシム 2010リーグへのメッセージ〜
番組内容:
スカパー!ワールドカップ オフィシャルコメンテーター イビチャ・オシム氏と関塚隆氏の対談を放送。
W杯まであと約3ヶ月のこの時期、二人の熱いトークを見逃すな!
※この番組は16日間無料体験対象外です。

http://soccer.skyperfectv.co.jp/worldcup/schedule/detail.html?2010WC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%2302

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!
>-- 続きを読んでみる? wanna read more?

2010年05月12日

息を止めて 瞬きもせず...W杯日本代表発表



 代表選出公開記者会見でフロンターレの武田社長が「自分のクラブから代表選手が出ているか出ていないかによって、代表に対しての気持ちがおおいに違ってくると思う。」と述べていたが、本当にその通りだった。この代表発表を見ている瞬間。
今まで日本代表に限らず、どこの国の代表も、ワールドカップにもあまり興味を持てなかったけれど…。そんな事言ってる場合じゃねえ!だったよ。

仕事場でネット中継を見ていたのだが、発表の2時が近づくたびに、どんどん落ち着かなくなった。

実力から見れば、フロンターレの日本代表候補3人は順当に選ばれるはず。
なのに。心配だった。
特に憲剛くん。
もし、彼の実力のままFWかDFだったら当確。でも、素人から見てもどう組み合わせれば一番機能するのか...機能してるのかどうかさっぱりわからない時もある、組み合わせが不透明なMF。こちらを立てればあちらが立たず...手堅いはずの組み合わせが全然機能していなかったり、かといって思い切った組み合わせを今更しないだろうし…。
そんな複雑な組み合わせの順列から不運にも弾かれたらどうしよう、と一度ネガティブな考えが浮かんだら捕われてしまったのだ。

憲剛くんの名前が読み上げられたその瞬間、
とにかく、とにかく、とにかく、良かった!という思いでいっぱいに。
ほっとして、気がヌケヌケになり、身体がぐにゃぐにゃに崩れそうだった。

本当に良かった。

本当に良かった。

最終候補だった3人とも選出されて、本当に良かった。

もちろん選ばれたこの時点が真のスタートなんだけど、今日だけは選出された事を喜ぼう!と。
テセ、川島くん、稲本くん、憲剛くん、W杯で輝きまくってくれ!


一般公開の代表選出会見、面白い試みだったね。
これまたwebで中継を聞いていたんだけど。
稲本くん、落ち着いてるねえ。笑いを取る余裕すらある。
場慣れしてるなあ、と思ったが、もしかして彼は初選出の時から落ち着いていたタイプなのかな?
テセも改めて頭の回転早いなって、感心したし、場が救われていたような気がする。
会見場にいなかった井川くんもクラブハウスでナイスな言動だったようで、さすがです。

その後も下部組織の少年達に話をしたり(これは凄い!素晴らしい試みだ!)、テレビ局を回ったりと多忙を極めたようで、ほんとうにお疲れさまです。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!


最後に... FC東京... 代表選出テレビ出演
多摩川クラシコには勝ったけど、マツコに負けたよ...
FC東京はTOKYO MXだのよね。
友人曰く「ずるいなー、TOKYO MXはマツコという飛び道具持ってるから強いよね。」その通りだ。思いがけない最終兵器があの局には備わっていたのだった....。
サッカーW杯代表決定をマツコ・デラックスが重量級祝福

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

ブログのカテゴリーの説明ページを作りました。

2010年05月05日

絶叫|vガンバ大阪


なんなんだ!
なんなんだ!!
なんだよ、この凄まじい試合!!

家で一人で見てたのに、絶叫。
鼻血噴き出して卒倒するかと思ったぜ。

楠神くーんっ! 君は凄い!

憲剛君のパスも(特に後半)素晴らしかった!これで10日が安心して迎えられる…

現地観戦の勝ち組の皆様、お疲れさまでした〜!
万博に行った貴方は勝ち組!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

2010年05月04日

画像で振り返る 湘南ベルマーレ 1.May.2010

bellmareslideshow
今季はあまり撮影していない… 
撮影するのは基本的に試合前なのにキックオフぎりぎりに到着してたもんで…。
なにもかもやたら長引いた風邪がいかんのだ。風邪め!
中断開けからちょっと気合を入れて撮りたいと思います…。



オリジナルサイズのスライドショーはコチラ
http://www.flickr.com/photos/dillo-h/sets/72157623974503842/show/

湘南ベルマーレ戦 試合雑感はコチラ
http://dillo.sblo.jp/article/37515934.html


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

2010年05月03日

神様と取り引き

 湘南戦は気迫溢れ、その気合を結果に結びつけた小宮山君の印象が圧倒的で、試合観戦雑感にも小宮山君だけ書いて終わってしまったが…

田坂君、すごーく良かった。

見ていて本当にわくわくする、テンション上がるパフォーマンスだった!

試合後に友人と「田坂君、良かったよね。どんどん良くなってるね」と話していた。フロンターレの選手の去年と今年を比較してみて選手としての偏差値がダントツに上がってると思う。(偏差値って変?だけど)
「でもさ、選手としてどんどん良くなるのと引き換えに、なんだか顔がすごいスピードでゴツくなってるよね…」
確かに。3年前指定選手で来た頃は、八重歯の可愛い爽やかで人なつこそうなお兄ちゃんだった。
今、ちょっと印象違う…。

そこで思い出されたのが喜国雅彦の漫画。内容は上手くなりたいサッカー少年に神様が「ロナウジーニョのテクニックを授けよう。そのかわり顔がロナウジーニョになるのだが、それでも良いかな?」と持ちかけ、上手くはなりたいけど躊躇する少年という話。

友人曰く「田坂くんは神様と取引したね、顔がゴツくなるのと引き換えに!」
そ、それはどうかわからんが…
そんな取引をしたとして、その取引に値する素晴らしい成長っぷりです、田坂君!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

どすこいっ!すっとこどっこい!|試合雑感(★評価)v 湘南ベルマーレ1.May.2010

ワールドカップでおよそ2ヶ月も中断してしまうJリーグ。試合日程の関係でなんとこの日の試合が中断前最後のホームゲーム。最後が負け試合のまま中断期間に突入すると精神衛生上非常によろしくない。
とにかく勝利を!
ぶざまだろうがなんだろうが、勝ってくれ!勝ってくれなきゃヤダ〜!
flying blue n' black
試合興奮度(エンタテインメント度):★★★
望みは敵った! 勝ったよ!
 2回もリードを許し、追いついて、追い越して…と数字だけで試合を振り返るとまるで素晴らしい快勝だったように見えるが…が、実はかなりすっとこどっこいだった。
「攻撃は最大の防御」とはよく言ったもので、点が取れたから良いけれど、失点が2で済んだのはかなりラッキーだったよね…。
守備部のスリリング具合といったら、危険だけれどあまりにもお約束な展開で悲鳴を上げたり怒ったりするよりも、思わず失笑。 一見、大丈夫そうに見えるけれど、足を踏み出すと踏んだ板がどんどん崩れ落ちて行く吊り橋っぽかったね。君等はインディ・ジョーンズのベタなハラハラシーンなのか?!みたいな。
 でも私が真に心配なのは守備部の問題ではなかったのだが、それは後で…
Goal celebration
 素晴らしかったのは 小宮山君だ!
スゲーよ!小宮山君!
気迫がメラメラ、というより、毛穴からシューシュー噴き出してるのが目に見えそうだった。ピッチにいる22人の中で一人だけ気合のレベルが突出していた。気合っていうより「覚悟」が違う印象。
ゴールが決まったときは猛烈に嬉しかったなあ。

楠神君もとても良かった。もっと長時間見てみたいなあ。
レナの「欽ちゃん横走りドリブル」は大変面白うございました。

審判、主審も線審もどーなっちゃてたんですか?途中で完全に混乱してましたけど。ラインを割ったボールがどっちのボールかって…それはジャッジに迷うわんでしょう!熱さで軽い脱水症状でも起こして混濁しちゃったんでしょうか?
Fair play flag
タイトル奪取度:★★
 9試合終えて3位。トップと2ポイント差。だけどこの順位に踏みとどまれる安定感は…微妙。優勝は…怪しい。
あいかわらず戦術があるのかないのか。出たとこ勝負に見えるんだよな〜…。

 そうなのだ。
何が心配って「戦術」があるのかないのか、はっきりしないところが不安なのだ。
勝つ為の手段が「選手」、途中での戦術修正が「選手の交代」。
これしかない様に見えるんだよな〜。
選手個人は能力が高いので個人的なアイデアはあるけれど、チームとしてのアイデアを感じることができない。
ものすごく不安なんですけど…。

 こんなことを考えたところでどうしようもないのはよーく承知しているけれど、今のフロンターレのメンツで個々の能力を最大限に引き出しつつ、対戦相手によって戦術を変えて行く、戦術のアイデアが豊富な監督に指揮されていたらどうなのかなあ、見てみたいなあ、と想像してしまうんだよな…。
どすこい催しモノ:★★★★
イッツアスモウワールド!
面白いよね。やっぱりお相撲さんって「土俵」以外の場所で目にすると迫力ある。インパクト大きいよな〜。
春日山部屋のみなさんは笑顔が絶えなくて素敵です。
フロンターレとのコラボ浴衣もイイ!
帯にタオルマフラーを折って挟み込んでるのが粋!
川崎に相撲部屋があって良かった〜!

 ワールドカップで日本と対戦する国に衝撃走る「日本のゴールキーパーはスモウレスラーらしいぜ!」日本サッカー協会、南アへ日本相撲協会から力士を借りて応援団として送り込んでみてはいかがでしょうか。

 試合開始前にバックスタンドの観戦場所に向かうべく、通路を一列になって歩いてきた時、混雑していた通路にすっと道が開けた。モーゼご一行かよ!


観戦環境:★★★
気持ちの良い気候で試合観戦にはもってこいでしたねー。
バックスタンド側の人は初夏の日差し、それも夕方の強い西日で日焼けしたんじゃないかな?
rise our colors
↑以前のタオルマフラーは裏表どちらもちゃんと水色と黒だったのに、裏が「裏です」ってマフラーが増えたよね。裏表ちゃんと水色と黒のがいい!制作費用の問題なの?裏があるマフラー嫌だ〜!

観客動員度:★★★
ゴールデンウイークだし、快晴だし、2万人超えてほしかった!

You wanna fight us?
対戦相手応援好感度:★★★
 等々力でアウェイのコレオを見るのは初めて!
ウオーミングアップの時からすごい応援の声量だし、傘を広げたりしていて「気合入ってるなあ」とは思っていたけど、まさかコレオをやるとは!
今季ここまでの試合で一番声量のある応援団だったように思う。

 「なんで田坂にエールを送ってるんだろう?」それは空耳で「サカタ」の応援だった。
 友人間で「黄緑色と青って配色が残念すぎる」との結論に至った。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!



オリジナルサイズのスライドショーはコチラ
http://www.flickr.com/photos/dillo-h/sets/72157623974503842/show/

川崎フロンターレ 4-2 湘南ベルマーレ
1st. May. 2010, k/o 16:00 @ 等々力陸上競技場 Att.:19,423
試合記録フロンターレ公式サイト

2010年05月02日

ハイホー!ハイホー!|v 湘南ベルマーレ 道行き 丸子橋 編

sunny day
何よ、このバカみたいな晴天。2週間前には雪が降ってたよな?毎日ように冷たい雨が降ってたよな?

ピーカンに似つかわしい陽気な気分がはじける勝利。

試合後、ちょっとだけのつもりで友人宅に寄ったら、小宮山君すごくよかったよねえ、ゴール決まってよかったよねえ。田坂君もよかったよねえ、などとぺちゃくちゃ喋りつづけ、そのまま遅くに始まったJリーグタイムまで見てしまった。

なんてこったい、帰宅が午前様。
試合の雑感ははまた明日。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

sunny day

浅間神社前
浅間神社前にあるえらく懐かしいタイプのお店。

2010年04月26日

ゆったり気分で3 points:試合雑感(★評価)|vヴィッセル神戸 24.Apr.2010


CORNER!試合興奮度(エンタテインメント度):★★★
 さっさと先制しちゃうお得意の展開だったからか、都倉君に放り込まれてそれなりに押されたり危険なシーンもあったんだけど、終始すごくゆったりのんびりした気分で観戦していた。
見ていた席の真ん前で川島君のスーパーセーブ、黒津君のトウキックシュート、テセのレナに拝み倒しPK…見どころシーン満載で満足致しました!

 それにしてもテセのボディコンタクトが悉くファウルに取られるけれど、あれは本当にファウルなのかな?激しく当たるとファウルになってるように見えるんだけど。
それらのシーンだけズームでスローにして見せてほしいな。納得がいかない。
なんだかボディコンタクトに強い選手が損してるように感じちゃってさー。


この試合で黒津君のトウキックのシュートを見て心が震えたが、そういえば多摩川クラシコでF東の石川君がトウキックのシュート(ゴールならず)も目の真ん前で真横から見て「鳥肌たった〜!」のを思い出した。ミドルでばっすんと決まるシュートもカッコイイが、トウキックには見ていて心が痺れる何かがあるのぅ。

タイトル奪取度:★★
 調子のアップダウンが気になる。好調を維持するのが難しいんだよね。
確かに先制すると調子に乗れるのは解るけれど、先制されても盛り返すノリも再び手に入れてくれ。一時期は「燃え上がる魂の逆転劇」できてたじゃーん。


催しモノ:☆
今回もあまり余裕無く到着してしまい、残念ながらDoleな催事を見る事は出来ず。もう体調も戻ったので、次回はゆったり出かけたい…。

観戦環境:★★★★
 ちょっと雲が出てきて風が冷たかったけど、晴れてたし心地よい観戦環境だった。
こんなこと言っちゃあイケナイなあとは思うが、「しゅーちゅー!さん」改め「がんばれぇ〜!さん」がいなかったのだ!いらっしゃらないとこんなにも観戦に集中出来るのか!て感じ。申し訳ないけれど、すげえ嬉しかった。幸せな観戦環境だった。


観客動員度:★★★
 うーん、どうなんだろう?神戸戦で一万七千人は上出来なのかな。2万人入ると明らかにスタジアムの雰囲気がみちみちに詰まってて熱気が増長しててイイ!けれど、このくらいの動員数だとスタジアム内の移動やトイレ混雑具合がちょっと楽だったりして。


対戦相手応援好感度:★★★
 遠いアウェイだし遠征応援は少なかったね。善し悪し判断出来るほどわからなかったでした。
都倉くんにどんな応援してたのかな?始まる前は気にしてたんだけど試合中に注意して見たり聞いたりするのを忘れちゃった。やっぱり彼の応援歌は都倉俊一ヒット曲なのかな?どの歌なんだろう?ヒット曲いっぱいあるからなー!

 ホームエンドのゴール裏、大旗を写真に撮るのが好きなんだけど、今季はなかなかうまくいかない。というのも人が増えた!ゴール裏ますます盛り上がってる様に見える。私が喜ぶことではないのかもしれないけれど、とても嬉しい。
ただ… その場にいて目で見ているとイイ雰囲気なんだけど、いざ写真に撮って、一部を切り取ると… レプリカや水色ではない、まるでフロンターレなウエアでない人で応援するでもなくただ立ってるだけという人が最前列あたりに増えている…。写真で見ると盛り上がりの勢いがまるでなくなっちゃって全然ダメで…ガックリ。昨季みたいに旗の写真はもう撮れないかな〜…。

 
余談:2年くらい前までは「ファイフロ見てたけど、あのユルさに途中で寝ちゃった」などとまるでファイフロに興味の無かった友人が、最近では「すごく楽しそうに」見ているらしい(旦那談)。
理由は「大好物」な「ヤンフロ」。「ファイフロは最初から最後まで、全部ヤンフロフラッシュでいいよ。」と言い出した。ミワちゃん泣くねえ…。




にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

川崎フロンターレ 3-0 ヴィッセル神戸
24th. Apr. 2010 , k/o 14:00 @ 等々力陸上競技場 Att.:17,669


vヴィッセル神戸 スライドショー オリジナルサイズはコチラ
http://www.flickr.com/photos/dillo-h/sets/72157623802475533/show/
posted by dillo at 11:08 | Frontale|川崎フロンターレ

2010年04月25日

春のうららのヴィッセル戦(帰路 多摩川編)

late Spring...
 ゆったり気分で迎えた試合の後、等々力釣り池の横を通りかかったら八重桜が満開だった。ぽったりぽったりふわふわのボールが枝から落ちそうに咲いている。傾きかけた日に濃いピンクがとても綺麗。自転車を停めてしばし眺めていた。
late Spring...

 八重桜だけでなく、多摩川河川敷のアブラナ系の花も満開。
ハナダイコンも先週で終わりかと思ったら、まだたっぷり咲いていた。
花畑

夕暮れ時
つんつく、つんつく、土手一面に生えてる。なんていう名前の草だろう?
答:ヘラオオバコでした!twitterで教えて頂きました。ありがとうございます!

何度も何度も自転車を停めて写真を撮ったりしてたので、帰路はいつもの倍くらいかかってしまった。ずーっと風邪ひいてたし、雨降ってたし、外でゆっくりしたい気分だったのかも。

 多摩川沿いにお住まいの方は、ぜひお散歩に!最高の季節ですよ!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!
posted by dillo at 21:23 | Frontale|川崎フロンターレ

2010年04月20日

え?うそ!

びっくり!うれしい、ありがたい!!
『照る日 曇る日 フロンターレ2009』 ↑ページトップ参照
スライドショーの閲覧回数が10万ビューを超えました!
ありがとうございます。

いつ10万を超えたんだろ?今朝気がつきました。



にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

2010年04月17日

賞賛しようよ、それも迅速に|試合雑感(★評価)AFC CL 城南一和 その1 (H)14.Apr.2010

 = = = = = 試合雑感(★評価)= = = = =

タイトル奪取度:★★
ACLのグループリーグ突破に希望は繋がった!
事は単純だ。ペキン・クニヤスに勝てば良いのだ! 試合には勝ったのに、他試合会場の結果により敗退でガックリ…ってのがないのだ。

さあ、どうだ? どうよ、どうよ、どうよ?
思いがけずシーズン序盤に訪れた「ここ一番の大勝負」(大一番ってシーズン終盤にやってくるものだもんね)
何に弱いって「大一番」にめっぽう弱く自滅しがちなフロンターレ。
今までと違うってところを見せておくれよ。見たいんじゃよ!

ACLって地味よね。
贔屓のクラブが参戦しないとこの面白さってわからない…わかりにくいんだよな、きっと。残念だなぁ。
実力が相応の対戦した事の無い相手と試合出来るって、本当に素晴らしい事だ。
勝っても負けても、リーグ戦では感じない「何か」を感じる。
例えばCWCまで進んだガンバ。あの時の大会、試合に出た選手って「何か」を掴んでるよね、リーグでやってるだけでは掴めない何かを。
Jリーグでやってる限り絶対に当たらない「毛色の違う」クラブ。毛色じゃなくて「持ち味」か。やたらフィジカルだったり、雑だったり、乱暴だったりするうえ、審判のジャッジに脳みそがぐるぐるしたりもするし、移動にもやたら時間がかかって日程の過密さに拍車がかかる。それでも、この大会に出てるって凄いことだと思うんだ。
クラブや選手だけでなく、それは見ている方にも「何か」を感じさせてくれる。
もっとこの大会に注目が集まってほしいなあ。


催しモノ:☆
ごめんなさい。ギリギリに行ったのでわかりませんでした。


観客動員度:★★★
平日夜試合で1万人を超えるって立派な動員数だと思う!
フロンターレが底力つけてきたよなあ、ってこういう数字を見るとよくわかる。


対戦相手好感度:★★★
どうせ対戦するなら、熱心に応援してる対戦相手のサポーターがいいよな。まあ、よかったんじゃないのかな?あの空気黄色棒をばんばん叩いてるのもものめずらしかったし。


観戦環境:★★★
ちょっと寒かったけど、雨も降らずナイスな環境でした。

===== もっと褒めようよ!そして、賞賛は迅速に! =====
私の観ている席のそばに「なりきり監督」改め「なりきりコーチ」がいる、いやいやいや、いらっしゃる。
「脚、止めんなーっ!」「切り替え、切り替えぇぇーっ」「集中しろぉーっ!」「良く見ろーっ!」等々、腹の底から声をだしていらっしゃる。(貴方様は少年サカーの鬼コーチですか?)
しかし、大声で叫ぶのはミスったとき、上手くいってない時がほとんど。
なんで褒めない?
スタンドから至らないところをコーチングするより、素晴らしいところを賞賛しようよ。
(ピッチの選手にはコーチングじゃなくて野次にしか聞こえないんじゃないかな?)
大きな声を出すなら、ポジティブな方向にシフトしませんか?

ここ最近、フロンターレの試合では本当にいいプレイが続出してる。
たとえそれが相手に阻まれゴールに結びつかなかったとしても、中盤でのインターセプト、ブロック、ダイナミックなロングフィード… ペナルティエリア周辺での勇敢なタックル、ブロック… かわして、かわして、ステップ踏みかえてのドリブルしかり…

褒めようよ!讃えようよ!
いいチャレンジだった!いいプレイだった! すかさず拍手しようよ!

いいぞー!○○! その調子だ○○!って。選手の名前を呼んで、賞賛しようよ。

シーズン開幕前、日経新聞朝刊の「フットボールの熱源」にこうある
「〜(略)〜 欧州のサッカーファンは選手の好プレーに惜しみない拍手を送る。〜(略)〜
たとえ縦パスに足が届かなかったとしても、懸命には知った選手には拍手で賞賛する。果敢なドリブル、大胆なシュート、勇敢なタックルのたびにスタジアムは並の様な拍手の音で包まれる。その拍手がまた好プレーを呼ぶ。〜(略)〜
元NHKアナウンサーの山本さんは「選手が良いプレーをしたらすぐさま拍手をしたり、『今のプレー良かったぞ』と声をかけてあげた方が伸びるのではないでしょうか」〜(略)〜


私もそう思う。選手にも自信を持って次のプレイにつなげてもらえると信じてるし、なによりスタンドの雰囲気が良くなる。スタンドの雰囲気が良い方が選手に良い試合をしてもらえると思うんだけどな。


試合興奮度(エンタテインメント度):★★★★
すんげえ面白かったよ〜。ものすごく満足した。
満足具合 >>> たっぷんたっぷん
ちゃんと書きたい、しかし、今ちょっと…うー、詳細はまた後日。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!


KAWASAKI FRONTALE (JPN) 3-0 SEONGNAM ILHWA FC (KOR)
AFC CL
4.Apr.2010, k/o 19:00 @ 等々力陸上競技場 Att.:10,403

2010年04月16日

オシム×関塚 対談 : もっと告知宣伝してくれよ〜見逃すところだったじゃんか!

 咳はほとんどでなくなったが、この寒さ。治りかけでこじらせるとマズイからな、とおとなしくしている。なんか面白い番組でもやってないかな? テレビ画面で番組表を流していたら…

2010 FIFAワールドカップ マンスリー番組#02(無料放送)」
イビチャ・オシム氏と関塚隆氏の対談

オシムさんと関塚さんが川崎フロンターレについて語り合ってるじゃないかよ!
こういう興味深い番組はちゃんと告知してくださいよ!
(オシムさん、教え子の山岸君推し推し…でも、もう川崎にはいないだよ。彼は広島でとても上手くいってるみたいだよ、オシムさん!)


再放送何度もやるみたいだ。どこに放送予定があるのかよくわかんない…。
たぶん、これ↓だと思うんだけど…。
http://soccer.skyperfectv.co.jp/schedule/worldcup/worldcup_09-10_16.html

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!


--------[ 追記 ]---------

スカパーのワールドカップに向けての無料放送。月に1回新しいプログラムが放送されるみたいだ。
オシム・関塚対談は3月が初回放送だったようだ。でも6月まで何度も再放送されるみたい。
第一回前後編のオシムさんのロングインタビューはちゃんと見てたのに!関塚さん対談を見逃してたとは!再放送でも見られて良かった。
収録は2月末に関塚さんがサラエボを訪れての収録だそうだ。

・Jリーグのトレンドについて
・トレーニングについて
            等々
いろいろ語られて行く中で、特に気になるフロンターレ部分だけ箇条書き。
  
フロンターレ2シーズン連続しての2位
川崎もスタイルを貫き、選手一人一人に規律を守らせる事に成功した。時間が無くても良いチームを作ったお手本。
中でも憲剛とジュニーニョのコンビネーションが攻撃の軸。
山岸は移籍しちゃったんですか?森と山岸はいいコンビだったと思うが。
現代のサッカーはサイドの選手がポイントになりますからね。

ポリバレントな選手を配するオシムのチームの作り方、
スペシャリストを配する関塚のチームの作り方(主力不在時に穴を埋めにくい、不調に脆さを露呈する)

日本にはボール回しの上手いDFが少ない。GKも含めて。
後ろからビルドアップ出来ればいい。現代ではFWからの守備が言われるがDFからの攻撃も大事。川崎は攻撃の選手が揃っていたのでビルドアップの手間を省いても差し支えなかった。
スペシャリストが攻守を分担するのはオーソドックスな方法。
ただ、相手が予想外の戦い方で来た時に柔軟な対応が出来ないと意外な負け方をする。
川崎が3年目以降壁にぶつかったのは相手のスパイ活動に負けたということなのかもしれない。

ポリバレントな選手が1人いれば、相手より選手が多くいるようなもの。それを準備してあげる事が大事。
本人には才能があるのに頭が理解していなければ、才能があってもポリバレントなプレーはできない。

オシムと関塚のチーム作りの共通項
チームの中心に憲剛を配置。
憲剛はピルロに似たタイプ。フィジカルの強さは無いが、技術がある。読みと技術が高い。
昔の川崎で言えば我那覇やジュニーニョへ良いパスを出すには、憲剛が良いプレーをしなければならない。憲剛自身がもっと走る必要がある。彼がどれだけボールに触るかが大切。
憲剛のプレースピードを変える力は生まれつきの才能。独特のフィーリングのようなもの。憲剛はそういう武器を持っている。それを生かす為のアイデアを監督は考えた方がいい。
憲剛に無くてピルロにあるのは守備のうまさ。そこが足りない。完璧な選手を目指すのであれば攻撃だけでなく守備の強化を鍛えるべき。


などなど、でした。興味深く、頷いたり、唸ったりしながら見ましたよ!
トレーニング関連も非常に面白かった。

そしてもうひとつ心に残ったのはファン/サポーターに関しての一言
日本の場合、選手やプレーの質について判断する力が率直に言って高くない。
イテテテテ、その通りだ。
ファンも見る目をトレーニングってことだよね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

2010年04月15日

満足感でたっぷんたっぷん

dusk : on the way to
 ずいぶん日が長くなったけど、等々力に向かう多摩川沿いは夕暮れ。

満足感いっぱい。
楽しい試合だったなあ。
美味しいものを一杯食べて、うー満腹。しあわせ〜なところに憲剛君が交代で出てきた。
もうお腹いっぱいだよ〜、でも甘いモノは別腹よね、ふふふ、さらに幸せ。て感じ。
心が満腹でたっぷんたっぷんしてます。

試合雑感はまた明日。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

Tamagawa dusk


2010年04月06日

つかみ取っちゃった!! 多摩川クラシコ:試合雑感(★評価)|FC東京(H)4.Apr.2010

 = = = = =多摩川クラシコ|FC東京(H)|試合雑感(★評価)= = = = =
the thing we glabbed for : Tamagawa Classico
= = =試合興奮度(エンタテインメント度):★★★★= = =
 まだリーグとACLで9試合しか終わってないのに何を言う?だけど、間違いなく今季一番面白かった試合だ!
「クラシコ」なんて大仰な命名で「名前先行の試合」と陰口叩かれたりしてるらしいが、それがなんじゃい!名前にふさわしい試合だったよ。これだけの内容の試合が毎シーズン続いて行くって凄い事だよ。

 ケガ人続出、過密日程、シーズン序盤で大きくつまずいてはいないけれど、波に乗ってるわけでもない… そんなタイミングでの多摩川クラシコに若干の不安はあったんだけど、「心配御無用!」テセを始め皆とても良かった。
白熱してて見所たっぷり。ああ、心から満足した!
(試合内容について振り返りたい!それはまた後日)
the thing we glabbed for : Tamagawa Classico
= = =タイトル奪取度:★★★= = =
こんなピンチな状況下でもきっちりフロンターレの試合が出来れば、これがシーズン通して維持できれば、リーグ優勝争いは当然できるよね?
WE WON!! Rockin' Todoroki

G O A L !
= = =催しモノ:★★★★= = =
 等々力緑地公園の桜は満開、フロンパークも大にぎわいだった!
桜が満開ってイベントに入れてもいいのか?よくわからなくなってきた。
「たぬき塩ちゃんこ」を楽しみにしていたのだが、行列の長さに断念した…。しょぼん…。
 エンタの広場を通りかかったら大大大混雑。「これだけの人が待ってるということは…」「今日のサイン会は大物に違いない!」と係の人にたずねたら「憲剛選手です」
おお!ぜひ顔を見て行きたいと人垣の遥か後ろで待つ。登場して壇上に登った憲剛くんと相澤くん。しかし人が多すぎて見えるのは背の高い相澤君のみ「く、憲剛が…」「み、見えない!」と必死に背伸びしてなんとか見えた。元気そうでよかった。もうちゃんと喋れるんだ〜、と思ってたら本日復帰のメドが立ったとニュースが。猛烈なスピードで治癒しちゃったのね。凄いわ!
エンタの広場でのサイン会をイベントに入れてもいいのか?ま、いっか。
 イベントではないけれど、ホームエンドの後ろ辺りにあるローソンの売店の売り子のお兄ちゃん達がえらい元気で感じよかった。思いっきりニコニコしながらテキパキとヤキソバ等を売る兄ちゃん達…。こういう売り子さんの元気もスタジアムを盛り上げてくれる大事な要素よね。スポーツ観戦のスタジアムなんだからさ、質問しても返事の声が聞こえないような覇気のないぬぼ〜っとしてバイトさんは…困るのよ。(どの売店か特に名前は出さないが、困っちゃう店があるのよーっ!)
take a bow
 初めてドロンパを見た友人は「ああー!あんなに動いて、ああ、踊ってるよ!カワイイ。ダメだ、視線がドロンパにいってしまう」と釘付けに。
ピッチに出て来て試合前にサポーターの歌を指揮して煽ったり、盛り上げ上手なドロンパ。いいのか?ヨソのクラブのピッチに出て来てて、肝心の味スタのピッチに出てこないって、本当にそれでいいのか?!
take a bow
タヌキとイルカとカブの尻3つ。
= = =観戦環境:★★★/対戦相手好感度:★★★= = =
 夜から雨という予報だったが、試合前からパラつき始めた。たいした雨ではなかったが、けっこう冷えた。なんだか今シーズンは雨ばっかりって感じだよー。
 昨年、一昨年とイヤ〜な気分になってしまった失敗を踏まえ、メインスタンドのアウェイエンド寄りやバックスタンド2階のアウェイエンド寄りという、なぜかホームエリアのはずなのにFC東京のサポーターが「当然」という顔をして座っている辺りは徹底的に避けたので、感想を持つほどの事は何もなかった。
= = =観客動員度:★★★★= = =
2万人超え。拍手!
次回の多摩川クラシコの動員目標は、最高動員記録を作ること、だろうな!

= = =その他= = =
多摩川「コ」ラシコ
前座試合「多摩川コラシコ」
トップチームを見習ったのかクラシコらしい派手なゴール数の試合だった。試合終了後、サポーター席の前へ挨拶に歩いて移動し始めたら…コーチのかけ声で選手が一斉に猛ダッシュ!すんげえ かわいかった!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!
______________________________________________________________________
川崎フロンターレ 2-1 FC東京
4th. Apr. 2010, k/o 16:00 @ 等々力陸上競技場 Att.:22,199
公式サイト 試合レポート/記録
http://www.frontale.co.jp/goto_game/2010/j_league1/05.html


オリジナルサイズのスライドショーはコチラ

2010年03月29日

試合雑感(★評価)|清水エスパルス(H) 27.Mar.2010


 = = = = = 試合雑感(★評価)= = = = =
試合興奮度(エンタテインメント度):★★
星2つにするか、3つにするかで迷った。単純に面白さという点から言うと、スコアレスドローのわりには面白かったと思う。でもフロンターレの一番エンタテインメントなところは4点取られても5点取る(もしくはその逆もあり)な気もしたりなんかしたりする。でもチーム状況が厳しい中でちゃんと1ポイント取れる、これが大事な一歩前進。そこはとっても良かった。ホントに先週のぐだぐだんでボコボコにされた状態からACLメルボルン挟んでよく立て直したな、というその修正ぶりと、ゴールには結びつかなかったし、多くのチャンスはつくれなかったけれど今後良くなりそうな攻撃の幅が見えたところに★評価を足すかどうか…。立て直し、特に守備部が立て直したとは思うけれど、清水のフィニッシュ精度がヨレヨレだったところにかなり助けられた感もあるのでなあ。
ここは厳しく星2つにしておこう!何に厳しくしてるのかイマイチ自分でもわかんないけど。

この試合、見ていてテンションのあがる良いロングフィードが何本か決まっていたんだけど、そこで気になったのがその時の声援。例えば、稲本君がロング一発ぱーんと上がっていた森くんに出したとします。森君はドリブルでさらに切り込んでクロスを上げたけど、はばまれた。ゴールには結びつかなかったけどいい攻撃だったね、という場合。「これは素晴らしい、稲本君、よく見えてた!そんでその正確なフィード!」って私は拍手を稲本君にしていたら、聞こえて来るコールは森君。毎回そうなんだよね…。そういうものなの?こう言う場合、讃えるのは森くん?まあ、細かくは時と場合により違うとはわかっているけれど…。

タイトル奪取度:★★
これだけ怪我人が出てれば厳しいよな。怪我人が戻ってくるまでどれだけトップに引き離されずに食らいついて行けるのか…。中断前までどんだけしぶとい試合が出来るのか…。ACLの遠征で日程がさらにキツいのが泣けてくらぁ!

 塚本選手への激励メッセージ収録は怪我で出場できない選手も全員参加していた。終了後、引き上げて来る選手に向かって「ヤジー!早く怪我治して帰ってきてくれー!」という声が飛び、矢島君が「ヘイ!了解!」と言わんばかりの苦笑いで手を挙げて挨拶していた。とそこにヴィトールが「ヴィトー!早く帰って来い!」とまたしても声が。ヴィトもにっこり笑いを返していた。その後ろには佐原君が… うわー、キリがない〜!

催しモノ:★★★★★
フロンパークに行けませんでした…
では何故に星5満点なのか? それは大宮アルディージャの塚本泰史選手への支援・激励をかなりキチンと行ったから。とても気になっていたので、お膳立てしてもらったところにただ便乗して、名前をコールして、拍手しただけなんだけれど、参加できてよかったです。菊地くんが高校大学と同級生だったのを知って「気にしてるんだろうな」と思ったら、こんなにちゃんとした機会をもうけてくれた。ありがとう。塚本君、サッカーの現場に帰ってきてください。待ってます。

観戦環境:★★★
やっと、やっと、雨じゃない試合。それだけでなにもかもOKと言いたい気分だった。

観客動員度:★★
2万人は超えるだろうと思っていたので、超えない事に驚いた…。

対戦相手好感度:★★★
あいかわらずいつも楽しそうな(楽しそうに見える)エスパルス・サポーター。
この試合も好印象でした。しかし、よく歌うし、よく踊るよね〜。大旗もすごくいっぱい来てたね。

キックオフ10分くらい前にすぐ近くを飛行船が飛んでましたね。↑飛行船わかる?

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!

川崎フロンターレ 0-0 清水エスパルス
27th. Mar.2010, k/o 13:00 @ 等々力陸上競技場 Att.:17,716
公式サイト 試合レポート/記録
http://www.frontale.co.jp/goto_game/2010/j_league1/04.html


オリジナルサイズのスライドショーはコチラ








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!