2008年08月16日

感奮のツボ


 湧く雲。もくもく。今日も暑い。湧く蜘蛛、蜘蛛が湧いたらホラーだわ。

 オリンピックも半分終わっちゃった。
こんなときにしか見ない競技を堪能したいな〜と思うんだけど、やはり人気のある競技の放映が多くて残念。自転車競技全般、水球、ヨット…、見たいんだけどなあ。

 普段見ないスポーツをチョイス、カヌーを見る。
カヌーのスラロームは競技自体も激しくせわしなく「ポールにぶつからないで、全部ちゃんとくぐればいいのよね」というごくごく簡単なルールしか知らずに見ていても面白かった。この猛暑で水しぶきを上げる水流を見ているだけでも目に涼しい。
このレース用の水流が人工水路なんだけど、よくもまあ、この短いコースにこんなに荒れた激流を作り出したなと感心しきり。「自然の驚異!でも箱庭に収められてるの」みたいな。ちょっと水流吹き出しを止めて、水路がどんな作りなのか見てみたいなー。
 シンクロナイズド高飛び込み、思わず「は、ははぁ」と驚嘆しちゃうんだけど、いまひとつスポーツなのかどうなのか?


 柔道、レスリングも私はオリンピック以外では見ないスポーツ。別に避けているわけではなく全日本や世界選手権という大会をテレビでやっていてもつい忘れちゃって見逃しちゃう。つまるところ普段はその程度の熱意しか持ち合わせていないのに!見ちゃう!んだよねえ。(オリンピックの罠)

 女子レスリングはまだ2階級の試合しか終わっていないが、どちらも掛け値無しの面白さだった。吉田選手のキレには痺れた、びりびりに痺れた。惚れました。伊調千春選手は決勝戦までがド素人の私の目から見ても激しく、消耗しちゃったんでしょうね。決勝戦は残念でしたが、それは単なる結果。表彰の時の心から日が差す様な清々しい笑顔、その後のインタビューの言葉に胸を打たれました。こういうのは一回戦から見てないとわかんないもんだよね。見ててよかった。
 勿論、日本人選手の2人の活躍とその結果にも十二分に、それでもう満腹なほど楽しませてもらいったけど、日本人選手が対戦していない試合もどれもこれも本当に面白かった。どちらかの選手を応援しているというわけでもないのにふと息を止めてしまったり、文字通り手に汗を握り、見ていてドキドキした。

 なんだろう、この興奮、この高揚感。
>-- 続きを読んでみる?

2008年08月15日

「肉を切らせて,骨を切る」

写真集「廃墟チェルノブイリ」中筋純

1986年4月、旧ソ連ウクライナで爆発を起こし、炉心がメルトダウンしたチェルノブイリ原子力発電所、および発電所に従事する人々の為に作られた町を写し取っている。もちろん完全な廃墟、の現在を写した写真集。

 未だに放射能は消滅せず、取材中に持ち歩いているガイガーカウンターは常に鳴っていたそうである。
爆発を起こした4号炉はコンクリートで固められ「死の棺」と呼ばれているのは広く知られている。もちろん、その現場には足を踏み入れることなどできるわけがなく(いまでも人間は入れば秒殺される放射能量だそうだ)未だ行方不明の従業員とともに封印されている。広島原爆の500倍といわれる放射能を放ち、この場所はもとより隣国のベラルーシまで及ぶ水質土壌汚染は解決していないというのも想像に難くない。
 旧ソ連に対して抱いているステレオタイプなイメージがそのままに作られた人工的な都市。その朽ち方よりも、その強烈な放射能汚染された土地でリンゴはたわわに実り(もちろん食べてはいけない)、苔が青々と繁茂し、低層集合住宅を飲み込まんばかりに茂るポプラ並木、といった植物の生命力に目を見張る。発電所稼働時にはいなくなっていたヘラジカ等の野生動物ももどってきているそうだ、とある。
 
 地球は人間を排除したいのではないかという思いが頭をよぎる。人間さえいなければ地球上は平和で豊かで美しくいられるのではないか。地球温暖化といい、地球は人間排除の為に「肉を切らせて,骨を切る」心境なのではないのだろうか、地球に意思というものがあるのであれば。

2008年08月09日

見事な開会式:Beijing 2008 Olympic Games

  北京オリンピック、「圧倒」「圧巻」という言葉が相応しい力強く美しい素晴らしいオリンピック開会式でしたね。お見事でした。

公式サイトの開会式の解説はこちら

悠久の、四千年の歴史を最先端技術を実に上手く使って壮大なショーに仕上げてましたね。LEDやビッグスクリーンという技術の進歩にも感嘆いたしましたわー。
単に歴史や文化をそのまんま出しても世界の人に解りにくいけれど、それをショーとして仕立てて見せる技、演出も実に見事でした。
なにせ「四大文明』の一つだから、発明発見に関しても豊富だし、文化も独特だし、ショーの素材には困らないもんなー。しかも文化的にけっこう派手な色感の国だからこういう大掛かりなショーにすると映える。
そこに「人海戦術」なマンパワーを惜しみなく注いじゃってるからね。普通マスゲームって単に「こんなに沢山の人が揃ってる」というちょっと気味が悪い圧倒感が先立つんだけれど、こんな創造的な演出方法だとこんなに華麗で魅せるものになるんだねえ!演出のクリエイティブなセンスに脱帽!

いや〜、まいった。ヤラれたよ。 >-- 続きを読んでみる?

2008年07月01日

弛緩と涕泣


 怒濤の10日間を終え、納品した翌日である今日。ちょっとボーっとさせて頂きますと勝手に振り替え休日。

 図書館に行って返却日を過ぎてしまった本を「すみません」と返し、山田詠美の本を借りて帰って来た。特に理由はなく山田詠美はデビュー作以外読んだ事が無かった。いや、ピーコとの対談本とエッセイらしきポンちゃんものは読んでいたけど。
先月ふと手に取ったので読んだ本が非常に面白かったのだ。「A2Z」ストーリーも良くて、テンポも良くて、ザクザク読める。そして、言葉や文が小気味いい構成かつとても緻密。でも、それに作者が酔ってる感がまるでなく。丁寧な筋肉質な本だった。
ああ、山田詠美ってこんなに面白い本を書くんだ。読み逃して損してた、これは他のも読まなくちゃ、というわけだ。
 (「風味絶佳」「PAY DAY!」を読み終わったよ「マグネット」途中だす)

 座椅子に背中で座る緩み切った状態で、せんべいボリボリ食べながら読んでいた。読みながらだらだら泣いていた。

 読書で涙を流すのは映画を見て泣くのとは明らかに心の使っている場所が違う。そして、本で泣く時のほうが心の振幅が大きいような気がする。映画と違って映像や音に依存する部分が少ないので、何度も反芻してしまう。そのまとわりつく様な感じが心地よいのよね。

 蒸し暑くもなく、風も涼しい、身体は弛緩、心は気持ちいい良い休日を過ごしております。

2008年04月23日

いい天気だね


 6個で298円という小ぶりとはいえ大特価なグレープフルーツを買って来たら、これが大当たりで。昨日は4つも食べてしまいました。食べ過ぎ?
 ちょっと、じゃなくて結構ダルいんですが、なんとか今週を乗り切れば。って、ま、そんな感じ。


1208869742_photo.jpg
 岡本太郎さんの太陽の塔のスケッチ、カッコイイ〜!!
>-- 続きを読んでみる?

2008年04月15日

晴れれば機嫌は八割OK

晴れたよ!あったかいよ!嬉しいねえ。

晴れれば機嫌は八割OKなんだよ!雨ばっかりだと自転車に乗れなくて、自転車に乗れないと脳みそに風が吹き込まなくてどんよりするんだよ! >-- 続きを読んでみる?

2008年03月20日

どぎつい

うららかを遥かに通り越して小汗かく暑さだったのに、寒いよ!この変わり身の早さは何? 発言したかと思ったら、即撤回もしくは逆ギレのどっかの知事並みの気まぐれスピード天候である。

 雨もかなりしっかり降ってる中、図書館へ。
「写真でも撮りつつ行くか」と呑気に出たら風も強くて被写体が揺れてブレて撮れやしないよ。撮れたら撮れたでなんだか色がどぎついし。
>-- 続きを読んでみる?

ワンワン! ガフガフ! ブフブフ!

 日本語には擬音語が際限なくある。
普段から人より会話に擬音語(または擬声語/擬態語)を多用してしまうクセのある私には非常に大事な言葉だ。私が多用してしまう理由の大きな要因は上手く日本語で表現できない、つまり語彙が貧困である為に伝えたい事を言葉でなく音として発していると思われる。この時点で母国語ですら語彙がわかんなくて発してる音なのに、英語でその「伝えたい事」を文章にしてで伝えるなんて不可能に近い。
 「困ったもんだ」と不勉強を棚に上げ、擬態語、擬声語を検索したら…

 Wikiを見たら擬音語ってオモロいね。犬の鳴き声だけでも
『 ワンワン! ガフガフ! ブフブフ! 』
>-- 続きを読んでみる?

invitation card

色もデザインも素敵な…
>-- 続きを読んでみる?

2008年03月18日

野望?

Spring afternoon
「春爛漫」って言ってもいいかな?

 昼にGちゃんとお昼ご飯を一緒に食べながら互いの夢と野望を語る。カメラとレンズも見に行く。
>-- 続きを読んでみる?

2008年03月17日

大豆の発芽?

 週末、フロンタはバカ負け。Roversも負けるし。
ラグビー6ネイションズでウエールズが優勝したのでかなり気分が救われた。
08031700d.jpg


>-- 続きを読んでみる?

2008年03月15日

「うっとり」より「びっくり」そして「サンバde蕪」


 グレープフルーツが好きである。蜜柑の様に剥いてたべるのが一番旨い。ただ、ちょっと面倒臭い。だので、2個くらい一気に剥いておいてチマチマ食べる。ん〜ウマウマ。

友人が大阪出張で見つけた宝○歌劇団の公演ポスターをメールで送って来た。大阪/神戸圏に生まれ育った人は「一度は見に行った事がある」らしく慣れているのだろうが、不慣れな関東圏の私には「うっとり」より「びっくり」。どんな公演かというとこれね。(どうしようこんなところにリンクして怒られたら)
どう?ビックリした?私はビックリを通り越して吹き出しちゃいました…。

 日曜日のフロンターレのスタジアムに流れていたスポンサーの証券会社さんのCM(?)。ポリネシアンダンサーだと思ってたらサンバだった。フロンタが好きな人以外は「何がなんだかわからない」という「ストライクゾーンは狭い」がそこに当たった人は「イチコロ」である。スタジアムでしか放映しないのは勿体ない出来だ、だからといってどこで放映すればいいのかは思い当たらぬが。
蕪、機敏になったなあ。初めて見た時は動きが緩慢どころか、真っ直ぐ歩行するのも困難だったのに。


http://dillo-h.com








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!