2013年05月22日

歴史的ベストイレブン

「ザ・万字固め(万城目学・ミシマ社刊)」を読んでいたら、万城目さんの考える「戦国武将ベストイレブン」考察が。
関ヶ原の合戦で敵陣の真ん中を突っ切って退路を作った突破力で、左サイドバックは島津義弘。チームの心臓は武田信玄。3トップの一角には「持っている」」男、豊臣秀吉。などなど...
文字通りの「侍ジャパン」
すごいぞ。なぜこのポジションにこの武将かという解説に笑った笑った。
サッカー好きで歴史好きな人はぜひご一読を!

私はあまり歴史好きではないので、よくわかんない武将がいたりするところが口惜しい。
歴史って、その時、当事者に取っては命がけだったりするのだけれど、時間が経ち、振り返ってみるとかなりすっとこどっこいで思わず笑っちゃうような事がいっぱいある。知識・教養として「学ぼう」とすると、歴史は覚えなくてはならない事柄が多くて面倒臭いけれど、エンターテインメントとしては味わっても味わっても味わいつくせない「オモロイ」ことてんこ盛りなんだよなー。
自分が興味ある時代でベストイレブンやってみたいな。「ヘンリー8世時代」とか。そのうちいずれ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 アクセスランキングに反映されるのでクリックしていただけるとうれしいです
posted by dillo at 11:44 | Daily Oponchi Life|おぽんちな日々








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!