2013年02月25日

第三回Twitter文学賞発表会潜入記


今年もTwitter文学賞のトロフィーを編ませていただきました。

Jonathan Safran Foer
毛糸を決めたとき「肌触りのいい、思わず頬ずりしたくなるトロフィーにしよう!」と編み始めたのですが、トロフィーに肌触りは求められているのか…?!
それはともかく、モフモフのトロフィーが編み上がりました。
*国内部門、海外部門(著者+翻訳者)の合計3つです。

twitter文学賞
例年のごとく、和やかかつ熱い解説が部屋を充満させます。ust中継をご覧になっていた方にも雰囲気が伝わったのではないでしょうか?
ust中継アーカイブがありますので、見逃した方はぜひ!

IMGP3925.JPG
毎度おなじみ、中継の前説は大人力炸裂、石原壮一郎先生です。うどん食べる前説って…びっくり!もはや文学賞なのか、伊勢うどん普及協会中継なのか謎が渦巻く爆笑前説です。

IMGP3953.jpg
発表会の中継はこんな感じで行われておりました。
上位のランキングより熱い「得票は1票だったが、これは推薦する!」コーナー。毎年、ここで解説される本は発表会後に手に取ってしまいます。本の魅力は得票数だけで推し量れるモノじゃあないですよね!
IMGP3976.JPG
発表座談会出演者の皆様。右から佐々木敦さん、大森望さん、豊崎由美さん、杉江松恋さん、石井千湖さん。
「今年の衣装は地味だ」と事前にツイートされていた大森さんの「ノゾカジ」。これが地味だと言い切る大森さん…大森さんの「派手」が怖いです。

IMGP3995_2.JPG
「リプスはバルスを越えた!(c)豊崎由美」『青い脂』まだ読んでないですよ、読まなくちゃ!
あと、まるで知らなかった「 わたしの物語(セサル・アイラ)」読みたい!読むぞ!そして、投票日までに読み始める事すらできなかった「フリーダム(ジョナサン・フランゼン)」も早く読まなくちゃ〜!

IMGP3987.jpg
「青い脂」の訳者の松下さんが「トロフィーの編みぐるみが届くのを楽しみに待たせていただきたいと思います。」とのツイート。もふもふして楽しんでいただければ幸いです。


IMGP3982.jpg
座談会の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました! お疲れさまでした!
>> twitter文学賞 公式サイトはコチラ!
http://tbookaward.blogspot.jp/
※投票全リストもこちらにあります
・国内編
http://tbookaward.blogspot.jp/2013/02/3twitter_9126.html?spref=tw
・海外編
http://tbookaward.blogspot.jp/2013/02/3twitter_5852.html?spref=tw
中継の解説とリストを見て、今年も夏頃まで周回遅れの読書旅が始まる私です。

今回投票リストの中で読んだ本は18冊しかありませんでした。
ならずものがやってくる/ジェニファー・イーガン
ブルックリン・フォリーズ/ポール・オースター(☆投票しました)
居心地の悪い部屋/ブライアン・エヴンソンほか
残念な日々/ディミトリ・フェルフルスト
ビルバオ-ニューヨーク-ビルバオ/キルメン・ウリベ
フリント船長がまだいい人だったころ/ニック・ダイベック
湿地/アーナルデュル・インドリダソン
ロスト・シティ・レディオ/ダニエル・アラルコン
森の奥へ/ベンジャミン・パーシー

本にだって雄と雌があります/小田雅久仁
嵐のピクニック/本谷有希子 (☆投票しました)
とにかくうちに帰ります/津村記久子
幸福な日々があります/朝倉かすみ
ある一日/いしいしんじ
とうへんぼくで、ばかったれ/朝倉かすみ
雪と珊瑚と/梨木香歩
燃焼のための習作/堀江敏幸
けむたい後輩/柚木麻子
今年はもう少し投票有効になる新刊を読めればなあ!

>> 見逃した方は... ustアーカイブはコチラ!
http://www.ustream.tv/channel/第3回twitter文学賞#utm_campaign=twipple.jp&utm_source=13405674&utm_medium=social


※オマケ

「ミステリーが読みたいんだよぉ!」という他力本願なツイートに応えていただいた杉江松恋さんにお礼を伝えられて良かったです。
杉江さんがツイートに応えてくださったおかげで、想像していなかった盛り上がりになり、とても嬉しいです。
ミステリーをお探しの方にこのハッシュタグを利用していただけたらと思います。
#こんなミステリーが読みたくて
http://togetter.com/li/458950?f=tgtn
#こんなミステリーが読みたくて探してます
http://togetter.com/li/459290
posted by dillo at 11:27 | TrackBack(0) | stories | 読書
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62888294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!