2012年11月01日

なぜ未訳?!〜#海外文学死亡かるた〜トニイ・ヒラーマン〜

先日、ツイッター上に #海外文学死亡かるた というタグが現れ、海外文学好きならヘッドバンキング並みに頭をブンブン頷かせる面白さだった。
中でも「未訳」ものに関するツイートが多く、笑った、そして、泣かされた。
未訳にはもちろん理由があるのでしょう。
特殊な言語である、とか、超人的語学センスのある訳者が足りない、とか、採算が合わない、とか、採算が合わない、とか…
読者からしてみればごく単純に「あの本が訳されていて、なぜこの本が未訳!」「なぜシリーズものを途中の作品から訳す?」「シリーズ途中で打ち切り?」と読書欲に突き動かされた思いが溢れるだけです。読書の愉楽に身を任せているときに、その本の採算のこと…考えないもんね。
このタグを読んでこんなことをつぶやいてみました。
翻訳ベンチャー投資ってあり?
https://twitter.com/dillo_dillo/status/262875200578781184

未訳の本が英語だった場合、語力の問題はあるけれど、すごく大きな問題ではあるけれど、まだなんとか挑戦してみることは可能です。

そんなわけで読み出したトニイ・ヒラーマンの推理小説ナヴァホ警察シリーズの未訳本。
次はどの未訳本を読もうかな...と検索していてこんなランキングを見つけました。
hillerman_rank
http://www.rankopedia.com/Best-Tony-Hillerman%27s-Chee-/-Leaphorn-Novel/Step1/2671/.htm
あまりにも投票数が少ない!んで、ランキングの精度がイマイチ信用ならないけれど、それでも多少の参考にはなります。
読み終わった「People of Darkness」は5位に入ってます。
そーなのよー。面白いのよー。スリリングだし〜。シリーズの中でベスト5に入るのは確実だと思うわー。
なんで翻訳されなかったんだろう?
ファン心理としては「これが翻訳シリーズのはじめの方で刊行されてたら、シリーズの人気はもっと出たのに!」(人気が出てればシリーズ全部翻訳されたのに!)と思うわけです。ファン心理とマーケティングにはズレがあるのは承知してるし、いまさら言ってもしょうがないしね…。

ともあれ、ランキングで2位の「Listening Woman」も未訳です。
よし、これだな、次に読むべき本は。
IMGP1196.jpg






posted by dillo at 23:55 | TrackBack(0) | stories | 読書
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59726225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!