2012年04月25日

Extremely Loud and Incredibly Close


素晴らしく良かった。
今背負っている悲しみ、過去に背負った悲しみ。
ものすごい力で終盤に向かって行く物語のうねり。

堪能しました。


映画も見たいな、と思っていたけれど、あまりにも本が良かったので...たぶん見ないな...。
posted by dillo at 10:36 | TrackBack(0) | stories | 読書
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55491649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!