2010年05月11日

順位配分4億5千万円は大きい

 シーズン序盤は降格も覚悟の不調っぷりだったが、無事に10位フィニッシュ。
順位ごとに配分される賞金は£3m(およそ4.5億円)
一つでも上の順位でシーズンを終えるのがいかに大切か。大手のお金持ちクラブと違って必死さ具合が違います。
日本語の解説で「中位だからモチベーションがない」と言っているのを耳にしましたが、それはとっても変だよねえ。勝手に思い込むのは構わないけれど。


Jリーグの順位別の配分金を見ると、その違いに目眩すら覚える。優勝しても2億円…。
ワールドカップの代表選出ニュースの露出度を見ても、それに対する反応を見ても、日本においてサッカーというのは「マイナー」で「マニアックな人のもの」なんだよなあ。うーん、残念すぎる。
LT100511news
Big Sam pleased at Blackburn Rovers' 'priceless’ 10th place cash prize
Lancashire Telegraph

近年、プレミアでは派手な補強などで散在し、破産しちゃったポーツマスを筆頭に
ほとんどのクラブは財政難に陥っている。しかし、Roversは財政機器とは無縁のクラブ経営を維持している。補強費は乏しいが、なんとか上位半分に食いこめるし、たびたび欧州リーグ出場権も獲得している。実はすごいことなのだ、これは。奇跡的な経営と結果と言っていいのかもしれない。
Villa戦の前に元RoversのBig Brad (Friedel)が語っている。
"You look around and see other clubs splashing money around and getting themselves into financial trouble.
"But Blackburn have not only kept themselves in the top flight, they have regularly been in the top half, and even in Europe. And they have done it on a very good budget.
"The board have done a magnificent job. You never hear of any financial troubles.
"They have budgets which aren't massive in the transfer market, but they treat their players very well and it's a good place to play."

Friedel: Financial Sense
http://www.avfc.co.uk/page/FootballNewsDetail/0,,10265~2044161,00.html


にほんブログ村 サッカーブログへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37939628
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!