2010年04月17日

学ばせてくれる実況解説を望みます。心の底から!

 書くタイミングが見事に1週間遅れてしまった。咳風邪め!

 フットボール好きといっても、そののめり込み温度は幅広く、どんな温度で、どんな風に好きでも全く構わない、それは自由だ。個人がどんなスタイルでクラブやリーグや対戦を楽しんでいても構わない。
自由に楽しめるからこそ、良いのだ〜!
 しかし、試合の放送でいくら片方が人気のあるクラブだからって、あまりに偏り過ぎたコメントばかりだと違和感というより不信感を覚える。
それに、どっちかに肩入れしていない人、情報は試合の実況コメントから仕入れる程度に留まってるフットボールファンを情報操作してるようなものではないのか?

Sunnyday Ewood Park
今季は異様にホームでの不敗率が高いBlackburn RoversのホームEwood Park。スタジアム東側の丘から見下ろしたところ。

 先週の試合 Rovers v Man-Utd(ブラックバーン・ローヴァーズ対マンチェスター・ユナイテッド)
日本でこの両クラブのファンの数など比較にならないでしょう。よってMan Utd寄りの実況が演出されるのも理解できるというものだ。

それにしてもだなあ、優勝をかけてるクラブと中位で降格は逃れたって順位のクラブ対戦だからって
「ブラックバーン、モチベーションはあるんでしょうかねえ?(別に優勝がかかってるわけでもなければ、欧州リーグ参戦圏にもちと届かない、降格もしない。この試合にかける意気込みあるんでしょうか?)」はないだろうよ。

-----その地方のライバル意識もあり、135年もクラブの歴史がある。背景は無視出来ない。
「いついかなるときもManureが負けるのを見るのが心地よい喜び」なRovers ファン。この対戦に気合いが入ってないわけが無い。
DunnやJonesyみたいに地元育ちで代々Roversファンの家庭に育っていれば、その燃え上がる闘志たるや想像を超えている。

日本で適当な比較対象がないけれど、強いて言えば、例えそれが親善試合であっても韓国代表が日本代表とサッカーの試合をする時に「テキト〜って感じ〜。モチベーション上がんないし〜」ってヘラヘラした試合すると思うか?
それを見ている韓国のファンが「ただの一試合」ってスタンスでだらだらしてると思う?
あり得ないよね?そんなこと。
そーゆー事なんだよ!RoversとMan-Utdの試合ってのはそういう位置づけなんだよ。少なくともRoversサイドでは。

ですから、この試合に関して、試合前に「順位に関係ない対戦ですね。ローヴァーズは燃えていますからね。ファンは傷口に塩を塗ってくれとチームを鼓舞してるんですね。ユナイテッドは何がなんでも落とせない試合。これは熱い試合になりますね。」と言ってほしかったわけです。


 一事が万事そんな偏重実況解説。
いくら気持ちが挫けそうで体力消耗が激しいMan-Utd相手だって、あれだけ素晴らしい守備を遂行したRoversを褒めるポイントはもっとあるだろうよ。

 守備を褒める状況ってのは「押されてる」場合が多いけれど、これからワールドカップで日本代表が試合をするにあたって、避けては通れない「守備の場面の多さを目にする試合」
 守備の良さを褒める、褒め方ってのを実況解説のプロが示してくれなきゃ、いつまでたっても「コメントは攻撃に関してのみ」じゃない。
つまり「攻撃の組み立て、決定力が悪い」と攻撃の拙さやミスばかりあげつらう。
それ、良くないと思うんだよなー。
ゴールネットを揺らさなければ点は入らず、勝利は無い。けれど、点を入れさせない「守備力」その技術やアイデアをもっと褒めてもいいと思うんだよ。
あまりにも褒めなさすぎでしょ?
攻撃と守備が揃ってなくちゃ、ねえ!


 観戦しているファン、特に、そんなに詳しくない私のようなファンに
「なるほど〜、言われてみれば素晴らしいプレイだ。そういうところをちゃんと見なくちゃダメなのね。そんなプレイをする選手に拍手や賛辞を贈らなくちゃダメなのね!」と学ばせてくれる実況解説を望みます。心の底から!


にほんブログ村 サッカーブログへ<<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!


《オマケ》
スカパー解説の関塚さん、NHKで解説の山本さん、両者ともに超新星18歳のセンターバックのJonesy(フィル・ジョーンズ)を褒めていた。
「毎週、毎週、世界のトップレベルの選手を相手にして試合をしている。上手くなりますよ。めきめき力をつけて行くのがわかりますよ。」
全くその通りだ。どんなトレーニングだって敵わないよな〜!
Phil jones (フィル・ジョーンズ)に関してのブログはこちらhttp://dillo.sblo.jp/article/37037221.html

ここで思い出したのがテセ。
テセはこの冬Roversのトライアルを受けていた。フロンターレのファン/サポーターの中には「ブラックバーン・ローヴァーズなんて移籍してどうするんだ?冴えないな」と思っただろう。でもねー、プレミアリーグなんだよ、Roversは。
もし、テセが加入すれば「今週はチェルシー対戦でジョン・テリーと対峙、来週はホームにManUでリオ・ファーデナンドを迎える。奴らをかわしてゴールを決めるぞ!」って事よ。その世界に憧れないプロ選手がいるか?
そりゃフロンターレとしてはテセが移籍したらキッツイけどさ。その夢にとやかく言えない。
私はそんな世界でテセにプレイしてほしい。チャレンジしてほしいと強く思っている。そんなステージでぶいぶい言わせてるテセが見たい。見てみたい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37179235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!