2015年04月15日

ブログ、試験的に引越ししました。

もっと簡単に更新できるブログがあれば!
ということで、試験的にtumblrに引越致しました。
「おぽんちジャーナルブログ tumblr」
http://oponchi-journal.tumblr.com/
こちらをご覧頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。
posted by dillo at 06:40 | Daily Oponchi Life|おぽんちな日々

2015年03月05日

第五回twitter文学賞2014 結果発表会

IMGP8179 800.jpg
第五回の編みトロフィーはこれです!
アルマジロひだかの「あみぐるみ」は通販しております! creema あみぐるみ通販サイト

目、あるんですよ、ただのもじゃもじゃではありません。
IMGP8213 800.jpg
別角度から撮影したものはtumblrにまとめてあります。ぜひご覧ください!
トロフィーなど、あみぐるみまとめ画像 http://dilloaimigrumi.tumblr.com/
なぜかトロフィーより人気が出てしまった「カネスデ・ナグル君」(金を払うから素手で殴らせてくれないか?/木下古栗)の画像もまとめてあります。

IMGP8240.jpg
解説の皆様
左から 大森望さん、杉江松恋さん、豊崎”社長”由美さん、佐々木敦さん、石井千湖さん

昨年に引き続き、公開「結果発表会」でした。
会場が広くなろうとも、石原”大人力”壮一郎先生の前説抜きで、結果発表会は成り立ちません。
IMGP8251.JPG

投票リストを見ただけでも読書欲が刺激されるというのに、解説を聞くと何が何でも読まなくちゃいけない!と気持ちが焦ります。どの本も、どの本も面白そうで!
IMGP8255.JPG IMGP8275.jpg

「面白い本を読みたいけど、どれを読めばいいのか」「なんだかいつも同じような本を読んでいて幅が広がらない…」とお悩みの方はぜひ中継のustを見ながら投票リストをチェックしてみてください!

ust中継(録画)


海外編 投票全リスト(pdf)tb_wtb5_2014.pdf
国内編 投票全リスト(pdf)jtb5 Sheet1.pdf
※個人的に読む本をチェックする為に作った一覧表です。ざっくりした作りはお許しください。

Twitterの投票で選ばれたこの本が面白い!!ー第5回Twitter文学賞まとめ
国内編 http://matome.naver.jp/odai/2142526541168737201
海外編 http://matome.naver.jp/odai/2142516209073327001


海外編を終えたところで大森望さんがアイドルのコンサートに向かうため退席され、しばらくして杉江松恋さんも落語に向かわれ… なんだか面白い進行でありました。

さあ、リスト片手に読むぞ〜! と周回遅れで読み始めると...来年の投票が厳しくなるので新刊も読まなくては!

大事なことなので、もう一回!!
アルマジロひだかの「あみぐるみ」は通販しておりますっ!
creema あみぐるみ通販サイト
よろしくお願い致します!

ブログの更新から遠ざかっておりました。
2つ前のエントリーが昨年のtwitter文学賞ということに驚愕。
今やtwitter、FB、g+と気軽に更新できる選択肢が増えちゃって… 
ブログはあまり更新しないかもしれません。twitter、FB、g+はマメにやっておりますので!
posted by dillo at 20:13 | stories | 読書

2014年06月26日

多肉植物 寄せ植え2014

L1150812.JPG
今年は早めに植え替えをしたのが良かったのか、無事に成育しております。
L1150796.JPG

2014年03月20日

第4回twitter文学賞 発表会

編みトロフィー1
4回目のtwitter文学賞今年の「編みトロフィー」はこれでした↑

IMGP6837_690.jpg
どの本も読みたくなって困っちゃう、誘惑のコメントを次から次へと繰り出される出演者の皆様:左から佐々木敦さん、杉江松恋さん、豊崎由美さん、大森望さん、石井千湖さん、愉しい前説の「大人力」石原壮一郎さん

今年は「文芸フェス」のイベントの一環として「公開発表会」でした。すごいぞー!

今年も読書欲が刺激される「読みたくなる本」がたくさん投票されました。
twitter文学賞は、どれを読もうかわくわくするこの投票リストが素晴らしいのです。
今までも投票リストが無ければ、自分では手に取らなかった本がたくさんありました。既に何度も読み直すお気に入りの本もあります。
今年はどんな本が読めるのか、どきどきわくわくします。

海外編の1位〜14位(順位と得票数は「twitter文学賞」公式ブログでどうぞ
HHhH プラハ、1942年  ローラン・ビネ 高橋啓
地図と領土   ミシェル・ウエルベック 野崎歓
夢幻諸島から  クリストファー・プリースト 古沢嘉通
神は死んだ   ロン・カリー・ジュニア 藤井光
名もなき人たちのテーブル   マイケル・オンダーチェ 田栗美奈子
11/22/63 〈上〉〈下〉   スティーヴン・キング 白石朗
幸福の遺伝子   リチャード・パワーズ 木原善彦
双眼鏡からの眺め  イーディス・パールマン 古屋美登里
オール・クリア〈1〉〈2〉   コニー・ウィリス 大森望
アサイラム・ピース   アンナ・カヴァン 山田和子
ゴーン・ガール〈上〉〈下〉   ギリアン・フリン 中谷 友紀子
第四の館    R・A・ラファティ 柳下毅一郎
コリーニ事件  フェルディナント・フォン・シーラッハ 酒寄進一
孤児    フアン・ホセ・サエール 寺尾隆吉
とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢  ジョイス・キャロル・オーツ 栩木玲子
秘密〈上〉〈下〉   ケイト・モートン 青木純子
盆栽/木々の私生活   アレハンドロ・サンブラ 松本健二
銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件   アンドリュー・カウフマン 田内志文
チャイルド・オブ・ゴッド   コーマック・マッカーシー 黒原敏行
もうひとつの街   ミハル・アイヴァス 阿部賢一
アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること   ネイサン・イングランダー 小竹由美子
言語都市   チャイナ・ミエヴィル 内田昌之
緑衣の女   アーナルデュル・インドリダソン 柳沢由美子
失踪者たちの画家   ポール・ラファージ 柴田元幸
シガレット    ハリー・マシューズ 木原 善彦
シスターズ・ブラザーズ   パトリック・デウィット 茂木健
白熱光   グレッグ・イーガン 山岸真
売女の人殺し   ロベルト・ボラーニョ 松本健二
ひとりの体で〈上〉〈下〉   ジョン・アーヴィング 小竹由美子
海底バール    ステファノ・ベンニ 石田聖子
こうしてお前は彼女にフラれる   ジュノ・ディアス 都甲幸治/久保尚美
親衛隊士の日   ウラジーミル・ソローキン 松下隆志
スワンプランディア!   カレン・ラッセル 原瑠美
パウリーナの思い出に    アドルフォ・ビオイ=カサーレス 野村 竜仁
パラークシの記憶  マイクル・コーニイ 山岸真
冬のフロスト〈上〉〈下〉   R・D・ウィングフィールド 芹澤恵
未来の回想    シギズムンド・ドミニコヴィチ・クルジジャノフスキイ 秋草俊一郎
IMGP6828_690.jpg
「HHhH プラハ、1942年  ローラン・ビネ」を翻訳された高橋啓先生が会場にいらっしゃいました!
これも公開発表会ならではです!
編みトロフィー海外
(c) https://twitter.com/tokyosogensha
東京創元社さんが著者のローラン・ビネさんに届けてくださるそうです。喜んでいただけるといいなあ。


IMGP6844_690.jpg

国内編1位〜〜16位(順位と得票数は「twitter文学賞」公式ブログでどうぞ
スタッキング可能   松田青子
皆勤の徒   酉島伝法
問いのない答え   長嶋有
工場   小山田浩子
1+1=Namida   zopp
想像ラジオ   いとうせいこう
know   野崎まど
未明の闘争   保坂和志
おはなしして子ちゃん   藤野可織
南無ロックンロール二十一部経   古川日出男
忘れられたワルツ   絲山秋子
いつの日も泉は湧いている   盛田隆二
かがやく月の宮   宇月原晴明
図書館の魔女 上下   高田大介
優しい死神の飼い方   知念実希人
昨夜のカレー、明日のパン   木皿泉
背徳のぐるりよざ セーラー服と黙示録   古野まほろ
存在しない小説    いとうせいこう
なぎさ   山本文緒
ジヴェルニーの食卓   原田マハ
死神の浮力   伊坂幸太郎
アズミ・ハルコは行方不明 A LONELY GIRL HAS GONE.   山内マリコ
アルモニカ・ディアボリカ   皆川博子
キミトピア   舞城王太郎
金色機械   恒川光太郎
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年   村上春樹
島はぼくらと   辻村深月
ヨハネスブルグの天使たち   宮内悠介
オーブランの少女   深緑野分
海賊女王 〈上〉〈下〉   皆川 博子
深紅の碑文 〈上〉〈下〉   上田早夕里
その青の、その先の、   椰月美智子
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち    山田詠美
いつも彼らはどこかに   小川洋子
これからお祈りにいきます   津村記久子
冬虫夏草   梨木香歩
ノックス・マシン   法月綸太郎
リバーサイド・チルドレン   梓崎優
ルリユール   村山 早紀

編みトロフィー国内
(c)https://twitter.com/matsudaoko
「スタッキング可能」の松田青子先生にトロフィー届けていただきました。
「ウォータープルーフ嘘ばっかり!ウォータープルーフ嘘ばっかり!」ふとしたときに頭の中でこだまします。スタッキング可能は必読ですよ!

IMGP6864_690.jpg
公開発表会だったので、投票リストに登場した本が並べられておりました。
読みたいと思った本が、すぐに、目の前で売られている!痺れます。

1票しか投票されなかった本がこれまたとてつもなく魅力的です。
どれから読もうか迷います。
編みトロフィー3

編みぐるみの通販はこちら!です>http://www.creema.jp/c/dillo

posted by dillo at 17:52 | stories | 読書

2014年02月18日

《業務連絡》IP電話復活

お知らせ:
長らくご迷惑をおかけしておりましたIP電話、復活致しました!
posted by dillo at 09:39 | Daily Oponchi Life|おぽんちな日々

2014年02月13日

編みミニトートバッグ

L1150614bag.jpg
編みミニトートバッグ、ショップにアップしました。
http://www.creema.jp/c/dillo

posted by dillo at 21:00 | shop | ショップ

UNSTOPPABLE 止められぬ

止められるもんなら止めてみろ!
unstoppable
カナダのパラリンピック・キャンペーンが心かき立てられる、素晴らしい仕上がり。
ポスターも素晴らしいが、ムービーも凝っている。


そして、ソチ向けのムービーもこのエクストリーム感!

↑ぜひPCのフル画面で!

英国は007の(Live And Let Die)だ!

日本のパラリンピックも宣伝頑張れ!
東京マラソンで車いすマラソンランナーを目の前で見て、あまりのカッコ良さに痺れた。
パラリンピック、観に行くよ!


posted by dillo at 11:16 | spice for Heart & Brain|刺激物

2014年01月28日

twitter文学賞 投票はもうすぐ!

ツイッター文学賞の投票がもうすぐ始まります。
詳細はこちら! http://tbookaward.blogspot.jp/


<Twitter文学賞とは?>
1年間に出た新刊小説の中でおもしろかった本を1作品だけ、ツイートで投票する文学賞。
Twitterアカウントを持っていればだれでも投票することができます

投票期間は2月1日〜9日

【投票の方法】
奥付が2013年1月1日から2013年12月31 日の国内の新作小説、海外の初訳小説(文庫落ちや復刊は不可)からもっとも面白いと思った作品を各1作挙げてください。
※文字主体のフィクションが対象になります。
※戯曲、詩歌、エッセイ、ノンフィクション、絵本、電子書籍は対象外です。

投票は1人1作まで。純文学、エンターテインメントのジャンルの別は問いません。
著者名『作品名』(出版社)を記した後、半角スペースをあけてから半角で、国内の場合は「#jtb4」、海外の場合は「#wtb4」を記してツイートしてください。
※ハッシュタグをつけても反映されない場合は@tb_awardまでリプライをお願いします。

投票日から3日以内に @tb_award から受け付けた証としてリプライをさしあげます。届かない場合はお手数ですがご連絡ください。

【ツイート例】
『本にだって雄と雌があります』小田雅久仁(新潮社)父子四代の悲劇&喜劇を饒舌に語りたおすマジックリアリズム長編。第3回Twitter文学賞国内篇第1位! #jtb4

『青い脂』ウラジーミル・ソローキン(河出書房新社)現代文学の怪物によるSF巨編。第3回Twitter文学賞海外篇第1位! #wtb4

※感想は任意です。タイトル、著者、出版社とハッシュタグだけでも投票できます。

最新情報はTwitterアカウント https://twitter.com/tb_award を御覧ください。

posted by dillo at 19:17 | spice for Heart & Brain|刺激物

正気とは思われぬ

朝の6時からラフを描きを始めた。
引き出し開けて、掴んだ服を着て、作業を始めたわけだが…
しばらくして、ふと姿見に映った自分を見てたまげた。
20120128.jpg
正気とは思えぬ配色だ…。大丈夫か?大丈夫なのか?
posted by dillo at 19:05 | Daily Oponchi Life|おぽんちな日々

2013年12月26日

ヒー!

来月のお仕事「英語のリスニング&スピーキングのセミナー体験記」
私の英語レベルではちょい厳しい感じ。心に余裕がないといっぱいいっぱいになってとてもレポートなんかできない!
というわけで、セミナーの予習用教材を頂いた。
冷や汗たらり。
ヤバい。
これから1ヶ月、真面目にお勉強しておかないと仕事にならぬ。
ふんどし絞め直して頑張るよ!ふんどし絞めた事ないけど。
posted by dillo at 13:17 | Daily Oponchi Life|おぽんちな日々

2013年12月09日

銀杏絨毯

善福寺川緑地
銀杏が見事に色づいていた。落ち葉でゴージャスな銀杏絨毯。
善福寺川緑地

2013年12月04日

大山阿夫利神社

運が少しでも上向きますように!
困った時の神頼み。一時期は毎年行っていたのにここしばらくご無沙汰していた大山阿夫利神社に行ってきた。
登ってみたいと思いつつ訪れていなかった上社に挑戦。
大山阿夫利神社
伊豆半島もくっきり。

大山阿夫利神社
新宿から横浜、江ノ島、三浦半島。そして房総半島まで見えた!

大山阿夫利神社
残念ながら富士山はちょっと雲が。

大山阿夫利神社
下社から山頂の上社までの道はそれなりに険しい。のんきなハイキング、ではない。
登るだけでもキツいのに、鼻水が止まらずぐるじかった。なんだろう?何かに反応してしまったのだろうか。アレルギーか?

大山阿夫利神社
下社から上社まで一時間半、と書いてあるのだが、2時間たっぷりかかり、やっとたどり着いた山頂。
大山阿夫利神社
山頂でカレー。五臓六腑に染み渡る。あっという間に完食。

大山阿夫利神社
また行きたい。今度はヤビツ峠の方から登ってみたいな。
大山阿夫利神社
posted by dillo at 14:29 | Daily Oponchi Life|おぽんちな日々

地球は回る、冬は来る

いつまでも暑く、このままいつまでも夏なのかよ!と毒づくも、ちゃんと地球は回り、秋が来て、冬が来る。
生田緑地
昼食後、軽く自転車散歩で生田緑地へ。
もう紅葉も終わりかけ。冬がくるんだなあ。
生田緑地
セコイアも見事なオレンジ色に紅葉。

帰路、いつもと違う道から戻ろうとして、川崎の迷路にはまり込む。道がグニャグニャでさっぱりわからん!(こんなときスマホだったら…)迷子も楽しいもんである。

2013年10月15日

時期外れの真夏日の後

10月半ばとは思えぬ猛暑に見舞われ、そしてその翌日には秋になり、そのまた翌日には更に深まっていた。
台風の雨が来る前に、自転車で散歩。
IMGP2226_800.jpg

IMGP2238_800.jpg

IMGP2235_800.jpg

2013年10月14日

秋の色の

あみぐるみ

あみぐるみ
秋の色の「あみぐるみ」を通販サイトにUPしました。
Etsy shop
https://www.etsy.com/shop/dilloh

あみぐるみ

あみぐるみ
Creemaにも出しています。
http://www.creema.jp/c/dillo
posted by dillo at 06:47 | shop | ショップ








照る日 曇る日 フロンターレ2009 ダイジェスト オリジナルサイズ版はコチラ
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ <<<クリックして頂けるとブログランキングに参加できるので嬉しいです!